ハーレー初心者必見です。正しいバイクの駐車の仕方

駐車の仕方

ハーレーに乗っていて、休憩などでバイクを停める時は、きちんと場所を見極めて駐車する事が大事です。地面が傾いていたり、アスファルトがボロボロになっていたりする場所に停めてしまうと、ハーレーの重さを支える事が出来ずに倒れてしまう事があります。

正しいバイクの停め方は、まずサイドスタンドを出してからギアを1速に入れてハンドルを左に切り停める事が大切です。1速に入れることによって、転倒したり動いたりする事を防ぐ事ができます。

路肩などに停める場合は、前輪が軽く縁石に触れるぐらいに停めておくと、その縁石がストッパーになってくれます。

地面が傾いているような場所にバイクを停めざるを得ない場合は、斜面に対して垂直に停めないようにする事が必要です。垂直に停めてしまうと、不安定な状態になり転倒してしまう可能性があるからです。できるだけバイクを頭の部分を坂道の上側に向けておくと良いです。そしてギアを1速に入れておくと安定もします。

ハーレーのような大型バイクを乗る場合は、運転テクニックも大切ですが、安全にバイクを停めるテクニックも同じぐらい大切という事を初心者の人はしっかりと認識しておくと良いです。