ハーレー初心者が取得するべき免許は

ハーレー

現行ハーレーはすべて大型バイクになるため、ハーレー初心者の方は大型二輪免許を取得しなくてはいけません。クルマと異なるところは、普通二輪、大型二輪とステップアップする方法が安上がりになることです。いきなり大型二輪に挑戦するよりも教習費用が安くなりますし、効率的に免許を取ることができるでしょう。普通二輪の教習は400cc、大型二輪は750ccのマシンを使用します。両者は遠くから見ても車格に大きな差がないように思えますが、間近で見ると車格の違いがはっきりとわかります。

750ccは400ccより一回りマシンが大きくなりますが、体感重量はそれ以上に感じられるでしょう。実際の車重は40~50kg程度重たくなるだけですが、体感重量は1.5倍は重たくなったように感じられます。ビッグマシンはエンジン周りに重量が集中してくるので、下半身で乗る感覚を身につけないと厳しいでしょう。腕でハンドルを切るのが癖になっていると、大きなマシンは乗りこなせません。

お勧め → ハーレーパーツの基礎知識や役立つカスタムパーツ情報

初心者必見、転倒したハーレーを引き起こす方法

転倒したハーレー

ハーレーだけでなく、大型のバイクに乗っている時に転倒してしまったらバイクを引き起こす必要があります。しかし腕の力だけで何百キロもあるバイクを引き起こすのは難しいです。周りに人がいれば助けてもらえるかもしれませんが、誰もいなかった場合、一人でバイクを引き起こす必要があります。ではどのように転倒したハーレーを引き起こせばよいのかというと、コツがあります。

まずバイクを引き起こしている時にバイクが動いてしまうと危険なのでギアを1速に入れます。次に右手でバイクの後部座席の下の部分をつかみます。この際、右手は全部伸ばしきった状態になります。右手でつかんだら、ハンドルは左に切って、左手でハンドルを持ちます。両手でしっかりとバイクを持ったら、バイクを軽く起こしてタイヤを地面に設置させます。隙間が出来たらバイクの下の部分に自分の足を入れて腰を当てながら、足の力と腰の力を使ってバイクを引き起こします。この時押し上げる感じにやると良いです。この方法を使えば腕力をほとんど使う事もないので、初心者や力のない女性でもバイクを引き起こす事ができます。

ハーレー初心者はオーバーヒートに御注意を

ハーレー

ハーレーのエンジンは非常に多くの熱エネルギーを出しています。ハーレーから発生する熱を上手に放出できないと、オーバーヒートを起こしてしまします。これはエンジンが過度に熱くなってしまった場合に起こる不具合で、この状態が続くとスピードが出なくなったり、アイドリングが不安定になります。

そこで、初心者向けの簡単な予防法としては、まず長距離を走る場合にはこまめに休憩をとることです。また、特に夏場は早めにオイル交換をして、オイルをキレイな状態に維持しておくことも大切です。オイルを劣化させないことも大切です。

また、オイルクーラーといって、走ることでオイルを冷却できるようなアイテムもあります。これはオーバーヒートの対策とオイル成分を守るという役割があります。こういったものをそろえておくと安心です。

また、万が一の事態が起こってしまったら、エンジンからガリガリといった音がしますので、安全で涼しい場所にバイクを停めて、エンジンを冷やしましょう。

オーバーヒート